ノーベル賞週間と柳沢さんのこと

大内です。

ノーベル賞週間が始まりました。
去年は京都大の山中教授がiPS細胞の研究で見事受賞されました。

今年も何人かの日本人研究者が候補に挙がっているようですね。
その中の一人柳沢正史先生は筑波大の1学年先輩です。

4人しか住んでない寿限無荘というアパートで彼と僕は上と下の部屋の関係。
しかも奥さんは僕の同級生かつ友人という関係です。

筑波大史上最高傑作の頭脳と言われた彼は学生時代からダントツの成績で、国家試験の模範解答より彼の答えのほうが信用できるといわれていたほどの秀才です。

僕も彼を目標にして学問にはげみました。
卒業時の成績はその甲斐もあり彼に匹敵できるほどになったと自負しております。

その後彼は研究者の道に、僕は心臓外科医を目指しました。
若くして数々の世界的な研究成果を発表し30歳過ぎでテキサス大の教授に就任した柳沢先生に対し、僕も一応当時は埼玉医大で日本一若い心臓外科部門の講師になりました。

現在では、一開業医になっていますが、彼の存在はずっと僕の努力目標の活力であります。
もし今年受賞しなくても彼はいつかは必ずノーベル賞がとれるでしょう。

開業医とはいっても学問すべきことは数多くあり、生涯努力は欠かせません。
精進する姿勢だけは彼に負けないようにしたいと気を引き締めたものでした。






運動会シーズン

大内です。

朝晩の冷え込みが結構厳しくなりつつある今日このごろです。 
自転車用の手袋は春秋バージョンに変えました。

こども達は秋の運動会の練習で結構疲れ気味のようです。
温度変化が激しいことも重なって風邪ひきさんが続出しています。

両親が週末も働いていたこともあり運動会では親に観てもらった記憶がありません。
お昼ご飯は学校のそばの懇意にしているおじさんの家で食べていました。
足は速かったのでそこそこに活躍はしていましたが・・・
今のこどもは当たり前のように両親とそれぞれの祖父母が観に来てくれることが多くなりましたね。羨ましい限りです。

うちの息子も明日運動会で選手宣誓するので観に来てほしいようですが、クリニック診療時間なので残念ながら欠席です。うまくやってくれるといいですが・・・




オリンピック

大内です。

朝の冷え込みと、昼の暑さとの差が激しい今日この頃です。
自律神経が追いついていかず体調を崩しやすい時期でもあります。
心臓外科医時代は春と秋の季節の変わり目は緊急手術が結構多かったものでした・

2020年のオリンピックが東京開催になりましたね。
街はお祭りムードでいっぱいです。
東日本大震災の被災地を地元に持ち、多くの被災者、犠牲者と関わりのある僕としては
そのお金を復興に使ってもらえたならなあ・・・

しかもまた膨れる借金は子供たち世代にツケを回すだけ。
喜んでばかりいられないというのが正直なところです。

残暑見舞い申し上げます

大内です。

残暑は厳しいとはいえ、朝晩の涼しさは秋の気配を色濃く感じさせるここ数日です。
自転車で受ける風が結構肌寒く感じられます。 

戸田市内の小中学校は今秋から始まりました。
親御さんは、ようやく解放されたか・・・というところでしょうか。
いろいろな夏休みの宿題を手に、真っ黒に日焼けして再開するこの季節は1カ月ぶりに会う友達もけっこういて独特の雰囲気があったことが思い出されます。

僕の時代は田舎ということもあるけれど誰も夏休みには勉強しません。
あたまがスカスカになった状態で2学期が始まるのです。
その代り、多くのことがスポンジが水を吸うがごとく身体に浸みわたっていったような感じでした。
アメリカ在住の従弟の子供は夏休みが3カ月くらいあることもあり、丸1カ月くらいサマーキャンプに子供を送りだし、心身を鍛えまくって帰ってくるようです。
夏休みに十分頭を休ませてエネルギーを充填する機会のない現代っ子が果たして長い目で見ていいのかどうか・・・

うちの子供たちは、塾通いもしていないので結構のんびりとしていたようです。
塾通いの子たちに一気に差をつけられるかもしれないけど、父親としては今のうちは潜在的な涵養力を養う時期でいいと思っています。

家の手伝いをもっとさせればよかったかなと感じています。




夏季休暇終了

大内です。

11日まで1週間の休暇をいただきリフレッシュしてきました。
こどももだいぶ大きくなってきたのでこれが最後の全員での長期旅行かなと思いました。

しかし、南国より日本のほうが圧倒的に暑いですね。
お休み中は夜は窓をあけて、クーラーいらずで波の音を枕に熟睡していました。
こちらでは昨夜なんかは最低気温が30度越え・・・
一晩中クーラーがないと眠れません。

今週はお盆週間でこころなしか交通量が少なく感じました。

さあ、後は年末までは通常診療をしますよ。
エネルギー充填満タンです!



山田直輝復帰!

大内です。

さあ夏休みシーズンです。
皆さん風邪ひいてる場合ではないですよ。

7月26日のさいたまシティーカップでのアーセナル戦でレッズの山田直輝が先発出場しました。
昨年3月の仙台戦での膝前十字靭帯損傷から16カ月ぶりでの復帰です。

僕は直輝のが一番好きな選手なので、とにかく嬉しかったです。
あいかわらずひょこひょこと)いろんな場面に顔を出すプレースタイルは健在でした。

19歳でジャパンの試合には出たけれど、ここ2~3年はけがに悩まされ続けているので、今度こそ代表に定着できる選手になってほしいと思っています。
僕の中では浦和の宝なのです。


52歳になりました

大内です。

さあ子どもたちは夏休みシーズンの始まりですね。
ママ達は憂鬱かもしれないけど・・・

浦和レッズ連敗で意気消沈しています。

52歳になりました。
人生折り返して、すでに結構経過したという感じです。

開業すると定年というものがないので、いつまで仕事するかは自分次第です。
僕の場合・・・子供が独立し、自分の余勢が安穏と遅れるくらいの余裕ができたら引退したいと思っています。
業績が悪いと一生止められなかったりして?

いまのところ体調不良はないのですが、過信せずに不養生にならないようにと思っています。

猛暑スタート

大内です。

梅雨が明けるや否や、猛暑がスタートです。
埼玉の夏は殺人的に暑い!

自転車通勤の朝夕は涼しいけど、診療時間中は患者さんが真っ赤な顔や汗だくで入ってきます。
病院に行くのも身体に悪い・・・という冗談にならない暑さです。

7月は猛暑が続くらしいし、僕自身もクーラー付で何となくずっとだるい感じです。

小6の息子は午前中サッカー団、午後プール遊びと信じられないような活動をしています。
若いって素晴らしいですね。

ホームページの写真が新しくなったのにお気づきでしょうか?
院長紹介、スタッフ紹介の写真も変わりましたよ。



あさかな

大内です。

梅雨なのに結構夜は涼しくいい感じです。
猛暑の夏が恐ろしい・・・

さておさかなさんがリニューアルです。
こんどはアフリカライトアイという目が青く光るメダカがやってきました。
200匹もいると結構にぎやかでいいものですよ。

ことしは夏休みを8月5~10日とまるまる一週間いただきます。
家族&義母を連れて3年分の垢を落としてこようと思っています。

夏はもうじきのようです・・・。

もうすぐ3年

大内です。

梅雨も本格的で、夜は結構過ごしやすいけど夏も少し恋しい気分です。

おかげさまで戸田の杜クリニックはもうすぐ3周年を迎えることができそうです。
3年前の今頃は 、職員と患者さんの動線確認や指示確認のやり方、処方箋(最初は院内調剤でした)の流れ・・・等のシミュレーションに日々追われていました。

頑張って準備はしたものの、誰も来てくれなかったらどうしよう、診たことのない病気が来たら・・・とか不安もいっぱいでした。

いまでもまだまだ完璧な医療には少し距離があるかな、と反省することもあり今後も日々精進を続けていきたいと思っています。

職員は大きく変わりました。
結婚、出産、転職、転居等で開院時からの生え抜きは受付の田沼さんと内田さんの二人だけです。

人が変わっていく中で、クリニックの基本理念の「共生」「0歳から100歳まで家族で安心してかかれるクリニック」「笑顔でお迎えし笑顔で帰っていただく」の精神は受け継がれていき、今後も変わることのないよう頑張ります。

これからも戸田の杜クリニックをよろしくお願いします。

| 1/5PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM