ACL決勝1st Legアウェイで貴重なドロー

さあ、いよいよわが浦和レッズはACL決勝を迎えました。

第1戦はアウェイのサウジアラビアの地でサウジ代表14人を擁するアルヒラリとの戦い。

 

予想通りの完全なアウェイモードで向こうの応援男のみ6万対レッズサポーター240人という独特の雰囲気での試合でした。

いつもと逆で完全にポゼッションが支配される展開で、しかも相手は技術が高い上に初めっから全力で飛ばしてきました。

それでもカウンターから1点先取し、その後試合を完全に支配されながらも前半を1:1で折り返しました。

 

後半は相手はガス欠を起こしてほぼ互角に戦え、最終的に1:1でゲームセット。貴重なアウェイゴールも得たうえでの引き分けでした。

代表に選ばれた5人は、槇野・西川はコンディションは良かったようですが、興梠・遠藤・長澤の3人は代表疲れのようでした。

 

それでも10年ぶりのアジア制覇が少し見えてきた感じです。

 

1週間後はホーム埼スタでの第2戦です。

 

勝って思いっきりWe are redsを歌いたい!!

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM