奥の細道 芭蕉隠密説

昨晩、息子が試験勉強で松尾芭蕉の奥の細道を音読していました。

「月日は百代の過客にして、行きかふ年も又旅人也・・・」の有名な出だしではじまるやつです。

 

奥の細道では郷里石巻を旅した時には道にも迷い、誰も泊めてくれなかったと愚痴を書いています。

しかし、逆の立場のわれらご先祖から見れば・・・

 

松尾芭蕉は忍者を輩出した伊賀上野の郷士出身です。18歳時に藤堂良忠に仕えましたが、この家はかの服部半蔵の縁戚でした。良忠が俳諧を学んでいたため主君が5年後に亡くなった後は俳諧の道を歩んだとされます。

 

芭蕉は弟子の可合曾良とともに元禄2年3月江戸を立ち奥州を旅し、北陸を抜けて9月に美濃の大垣に着いています。行程なんと2400劼任后△靴も半年足らずで。

 

当時、人々の往来は通行手形によって厳しく制限されていました。芭蕉がこのような自由で広範囲の旅行が許されたのは幕府の公儀隠密としての情報取集の役割が課せられていたからではないかという歴史研究が近年では有力です。

 

泊まった場所も役人や代官の家が多く、貧乏人の家を流れ歩いた同じ俳人の小林一茶などよりはるかに恵まれています。

 

150日分の二人の旅費は水戸藩が援助したといわれています。当時水戸光圀が大日本史を編纂していましたが、その調査員としてに加え、幕府から伊達藩の動向を詳細に探る目的を与えられたというのです。このころの伊達藩は日光東照宮の大規模な工事を命ぜられており、不穏な動きがないか調査させたようです。ただし公儀隠密の主が芭蕉であったのか曾良であったのかは議論のあるところのようです。

 

伊達藩は外様大名ですが、家康の娘と縁組したりして一応服従はしていたようです。我がご先祖の主人の家老の片倉小十郎は真田幸村の娘を大坂夏の陣の後養女に向かえたりしてしたたかな外交もしています。幕府に隙を見せたら処罰の対象になるため、公儀隠密には神経をとがらせていたはずです。

 

芭蕉の行程は伊達藩に入ると途端に積極的に行き来します。そもそも「松島の月まづ心にかかりて・・」と旅の大きな目的のように初めに言っているのに松島には1泊しかせず本職である句も読んでいない。

 

仙台藩での目的は軍事商業基地である石巻と軍事拠点である瑞巌寺の視察のようで、この辺のところは同行者の曾良日記に詳しい。

大きな視察目標の石巻に平泉から降りてくる途中迷って辿り着いたなどと大嘘を書いています。

 

伊達藩側も半ば芭蕉が胡散臭い存在であることを察していて、お上(この場合伊達藩)の許可なく泊めたり接待したりすることのないよう指示が出ていたのではないかと思われます。

 

人情に薄いために芭蕉に冷たくしたわけではない・・・と反対の立場から言わせてもらいました。


不審者?

花粉すごいね。

 

Jリーグホーム初戦。

見事な逆転負けで広島に苦杯を喫しました。

 

司令塔柏木君のコンディション不良でチームの芯が外された感じ。

こんな絶好のチャンスを、直輝何怪我してんだよ・・・

監督の采配の決断の遅さも後味が悪い。

アジア最優秀監督貰っても、もともとの戦術勘は高くなさそうですね。

 

万全の花粉対策のため

 

右の人は個人情報保護のため・・・


辻井伸行さん10周年リサイタル

あっという間の3月です。

今はインフルエンザと花粉症がせめぎ合っている季節です。

 

昨日サントリーホールで辻井伸行さんのデビュー10周年のコンサートに行ってきました。

前半はショパン:英雄ポロネーズ、ドビュッシー:月の光、ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ、ラヴェル:水の戯れ
リスト:ラ・カンパネラといった彼の定番もの。

後半はガーシュウィン:3つの前奏曲、サティ: 3つのジムノペディ 、カプースチン:8つの演奏会用練習曲といったプログラムでした。

 

高音域の音の繊細なやさしさは彼独特のもので、非常に心地よい。昼にビール飲んでから臨んだためあまりの気持ちよさに思わず夢を見てしまいました。

 

カスプーチンは初めて聞いたのだけど、ほとんどジャズではないかというような曲調で、ああこんな音楽もコンサートで取り入れるような余裕がでてきたのだなと感心しました。

 

斜め前で聞いていたお母さんのいつ子さんが涙ぐんで拍手していた姿が印象に残りました。自分を超えて羽ばたいていく息子がまぶしく思えたのでしょうか。

 

ところで

母指CM関節症が日々悪化して、こんな装具を付けています。

心臓外科医晩年のころから痛みがあり、メスを置いた遠因の一つでもあります。

ぎっくり腰は現在完治しています。

 

年取るといろんな身体のがたが出てきますね。


Jリーグ開幕

インフルエンザの大流行はようやく終焉を迎えようとしています。

まだちょくちょくは来られるけどね。

 

待ちに待ったJリーグが開幕しました。

わが浦和レッズはアウエイでFC東京との一戦でした。

1−1のドローでのスタートでした。

ゲームは支配するものの決めきれず・・・

永遠の課題ですね。

 

宇賀神君はスタメン、山田直輝はベンチ入りもしませんでした。

軽いコンディション不良のようです。

 

試合が明けた昨夜は浦和の王龍で西川選手と遭遇しました。

家族連れで来ていたので土曜午後や祝日もやってますよと

クリニックのパンフレットを渡ししっかり営業もしてきました。


今月のウサギさん 2018.2

ようやくインフルエンザ大流行の陰りが見えてきました。

まだ多いけどね。

 

ウサギさんはひな祭りモードです。


帰ってきた山田直輝

インフルエンザの猛威は続く・・・

少し減ってきたような気もしますが。

 

昨晩家のそばのさいたま市文化センターで浦和レッズの本年のキックオフイベントが開催され息子と行ってきました。

もちろん、新しい背番号18番の直輝のユニフォームを着て。

息子はマルちゃんこと新加入の11番マルティノスです。

直輝の挨拶です。

湘南に行っている間にパパになっていました。

早く彼の勇姿が見たいな!


子どもの育て方を間違えた!は間違い

相変わらずインフルエンザの流行がすごい。

日本全体が過去最大の流行だって!

 

よくお母さん方が自分の子供に対して「育て方を間違えた!」と反省することがあります。

どんなに愛情をかけたつもりでも、子供は思うようには育ってくれません。

それは方法論に問題があったのではないかと多くの親御さんが悩むところです。

 

これは子供は親の育て方により大きく左右される、という一見当たり前のような前提で話が成り立っています。

フロイトにはじまる精神医学の延長から起こる子育て神話がいまなお世の中に跋扈しています。

 

この常識が実は学術論文を十分に検討すると、決してそんなことはないという学説が発表されました。

「集団社会化説」というジュディス・リッチ・ハリスという女性学者(ハーバード大学院博士課程中退で大学には属していない在野の教育研究者)による学説です。

 

かいつまんで要約すると、

子どもの性格は家庭内のものと集団のなかとは別物であり、世間で受け止められるのは後者の方である。

集団の中の性格は集団の中(=子供社会)で培われ、親が介入しようと思ってもたいていは上手くいかない。

遺伝による性格ーこれは親譲りではあるが親にはどうしようもないーはかなり大きな部分(=半分)を占める。

虐待や過度の貧困など特殊な状況を除いた現在社会では環境因子が性格に占める割合は残り半分であるが、そのうち親が左右できる割合は極めて小さい。

 

結論:あなたの性格に悪いところがあるとしても、決してそれを親のせいにしてはならない。

 

どうです、ほっとさせられる論文ですよね。


CRISPR遺伝子

インフルエンザ大流行です。

現在埼玉県は日本一で、その中でも戸田市1位、さいたま市2位のようです。

どうりで忙しいわけだ。

 

先週の日曜は戸田市の休日診療所の当番でしたが、患者数155人で、インフルエンザ検査したのが120名、陽性が70人というすさまじい数字でした。

 

遺伝子領域は興味をもってよく最新研究を追いかけているのですが、ここ数年程とんでもない大進歩があったことを見逃していました。

 

その名はCRISPR(Clusutered Regularly Interspaced Short Palindromic Repeats)遺伝子です。この遺伝子は短い回文(前から読んでも後ろから読んでも同じ配列=Short Palindromic)状の遺伝子の繰り返し(=Repeats)に規則的に挟まれた(=Rergularly Interspaced)断片化した(=Clustersd)遺伝子のことです。

 

もともと細菌がウィルス感染から自己を守るためにウィルスの遺伝子の一部を細菌内遺伝子に取り込んでおいて、次に感染した時にそれをRNA発現しマーカーとしてウィルス遺伝子を選択的に切断し破壊するという獲得免疫機構です。これを研究していたジェニファー・ダウドナ博士らが、研究応用により一般的な生物全種のDNAの任意の場所を認識して切断したり、外来遺伝子を切断部位に挿入したりする方法として確立しました。

 

従来の方法に比べて約600分の1の安価で遺伝子編集ができることや、方法もシンプルなので今や高校生でもできる手技といわれています。キットはAmazonでも取りあつかっていますよ!

 

マウスやイヌ、サル、ブタなどの実験では相当高い確率で遺伝子発現が得られています。

例えば遺伝子に介入し筋肉の異常に発達したマウスやイヌといった漫画のようなものや、15キロほどの愛玩用ミニチュアピッグ、角の生えない牛などが実際に作成されています。

 

昆虫にも応用されていて、マラリアに耐性を持つ蚊も実際作られているようです。

 

さて問題は、ヒトへの応用です。

現在単一遺伝子変異でおこる疾患が7000以上知られています。例えば鎌状赤血球症、デュシェンヌ型筋ジストロフィー、ハンチントン舞踏病、嚢胞性繊維症、先天性白内障などです。これらの発症臓器(脳とか肺とか筋肉とか)に遺伝子を改良して送り込めれば究極の治療法になりうるのではといわれています。これは体細胞への遺伝子治療なので次世代への遺伝は起きません。

 

受精したての胚細胞に遺伝子が導入できれば単遺伝子異常によりおこる病気は防げることになります。

 

もっとも身長や美しさ、知能、音楽の才能など多因子で支配されているものには適用されません。

 

CRISPR応用により究極のデザイナー人間を作れる可能性があります。例えば腋臭や耳垢の乾湿などは単因子支配ですし、怖がり遺伝子も好きなように改変できます。将来の病気になりやすさも遺伝子を変えることにより100%ではないとしても改良できます。

 

いまのところ、倫理基準としては遺伝子に永久に組み込まれることになるヒト胚細胞(=次の世代に遺伝子が受け継がれるということ)への研究は厳しく管理されている国が多いのですが、すでに中国の四川大学から2016年にヒト胚細胞への導入実験が報告されています。今の技術では遺伝子発現率は5%程度と低く、他の遺伝領域への誤導入も多く認められたようですぐには臨床応用することは難しそうです。しかし実験が許可されればいずれはブレークスルーが起き、実現可能が技術は開発されるものです。

 

日本ではiPS細胞ばかりが注目されていますが、CRISPRについても倫理基準を示すことが喫緊の課題でしょう。なんたって高校生でもできる技術なのですから。

 

遺伝子領域の研究は当分目が離せそうにありません。


今月のウサギさん、を始めました。

久々のぎっくり腰です。

今回は、クリニックの水槽に餌をやろうとしてしゃがんだらなりました。

前兆もなく突然に・・・

 

浦和レッズは大分メンバーが入れ替わり今年の沖縄キャンプをスタートさせました。

僕は18番となった山田直輝のユニフォームをさっそく予約しました。

シーズン開幕が待ち遠しいな。

 

毎月、事務の田沼さんを中心に掲示板前の棚にウサギさんがいろいろなコスチュームで登場しています。

今年は1年間模様替えのたびに掲載したいと思います。

 


娘の成人式

年明けからインフルエンザの猛威がすごい。

A型もB型も大流行り。

昨日は検査キットがなくなりかけて大慌てでした。

 

無目の成人式がさいたまスーパーアリーナでありました。

早朝から美容院で着付けして、ロータリー仲間の内田写真館で撮影をお願いしてから向かったようです。

撮影後クリニックまで来て晴れ姿を披露しようとしたところ休日で大勢の患者さんが外待ちで溢れていたため断念したそうです。

 

生まれたころは僕は埼玉医大の旧第一外科で講師をしており、最若手の手術執刀医でもあったため大忙し。

胎児発育遅延と羊水過少のため1か月以上前から本院ではなく川越市の埼玉医大総合医療センターに入院していた妻にもなかなか会いに行けず。

入院したのも僕のスタンフォード大短期留学中に急に決まり、連絡がうまくつかなかったため帰宅したら家がもぬけの殻でいったい何があったのか・・・という妻にはかわいそうな思い出もあります。

胎児発育遅延と臍帯巻絡(へその緒が首に巻き付いている)のため帝王切開が決まっていたので、出産日は僕の手術日でない日にしてもらいました。

 

無事出生し、5体満足であることと妻が無事であることを確認したのもつかの間、緊急手術で呼び出しがありました。

徹夜手術し、次に母娘に会いに行けたのは3日後でした。

 

数日ぶりに帰宅して顔を見た瞬間にポケベル(時代だね! 当時の曲はJorneyのSeparate ways;曲名が悪いかな)が鳴り、すぐ病院へトンボ帰りしたこともありました。

 

とても怖がりで、高圧電線の点滅する赤いライトをピーポー怖い! と泣いたり、ボストン留学時代は優しい黒人の保育士さんをみてジェニファー怖い! と退園し以後1か月酷い夜泣きが続いたり・・・

 

いろいろな思い出が走馬灯のように巡りました。

 

写真はきれいにできたようです。

 

 


<< | 2/56PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM