Happy Halloween

今年はアラジンで行ってみました。


肺炎を防ごう

 

現在日本では年間約100万人が出生し130万人が死亡します(したがって年間30万人の自然減少!)。死因は,ん ⊃澗”臓´G抉蝓´で沼潅罎僚腓2011年から肺炎が脳卒中を抜いて3位となっています。

 

嚥下(えんげと読みます)とは飲み込む作業のことです。

喉頭(声帯のあたりのこと)挙上→気管閉鎖→食道開放→食道への送り込みというごっくん動作をわずか0.8秒の間に行っています。

 

加齢によりのど仏(声帯はここについています)は、喉頭挙上筋群のゆるみ・筋力低下により下に下がります。お尻が垂れるのと同じですね。40歳台から下降は始まり2.5〜3cm下がります。これにより気管の蓋(喉頭蓋)と声帯の間に隙間が空いて閉じにくい状態となります。

さらに声帯横の喉頭のへこみ部位(梨状窩)もゆるみにより拡大し常に食べ物カスや鼻汁・唾液などがたまりやすくなります。

 

 年齢が進むと気道粘膜の繊毛運動低下により異物除去機能低下もおこりますので常に痰の絡んだ年寄りの出来上がり、ということになります。

 

誤嚥 (ごえんと読みます)とは声帯より奥の気管に飲み物・食べ物が入り込むことです。

通常は咳反射が起こるが高齢者では反射機能が低下しています。誤嚥による窒息死は年間約5000人で交通事故死より多いのです。お餅をつかえてなくなる以外にも結構亡くなっています。

  

高齢者の肺炎の70%に誤嚥が関与しているとされます。

 

誤嚥防止のためには以下のような点に留意してください

  1. 意識して飲み込む。 

ただでさえ反射機能が低下し誤嚥しやすいので、ごっくんと意識することが大切です。TVを見ながらのながら食いや早食いもお勧めしません。

  1.  カラオケで喉の筋トレをしましょう。

 特に高音域がいいといわれています。津軽海峡冬景色がいいという話があります。

  1.  おしゃべりしましょう。

女性は一般に高齢になってもおしゃべり好きなので大丈夫ですが、一人暮らしになると会派の機会が減ってしまいます。新聞の社説を毎日ゆっくり声を大きく朗読することをお勧めします。

  1. 笑いましょう。

喉や腹筋も鍛えられるし、免疫力も向上します。

  1. 歩きましょう。

体力維持も大切です。有酸素運動のため軽く汗をかくよう早歩き30分がいいです。

  1.  のど仏を挙げる筋トレをしましょう。

口を大きく横に広げ、イーという声を上げさらに顎を持ち上げるようにします。5秒間声を出し5〜10回暇な時間にやってみてください。

  1. 口腔ケアをしましょう

口の中が汚いと口内細菌が増え誤嚥の際に肺炎を起こしやすくなります。口腔内異物があると誤嚥のもとになるので食事後はお茶で口を濯ぎ、早めに歯磨きをしましょう。歯磨きは異物除去の目的が大で、歯磨き粉はあってもなくても関係ありません。

  1. 入歯はしたまま寝ましょう

よく洗った後、また口の中に入れたほうが、舌根沈下が少なく誤嚥もしにくいといわれています。

  1. 肺炎ワクチンを打とう。

高齢者肺炎の約40%が肺炎球菌を原因とするといわれています。ワクチン接種で予防できるので積極的にワクチン接種を受けてください。

 

防げる肺炎は自分で守る。これが大切です。


ACL決勝進出!

寒風の中。埼スタは熱い空気に満たされていました。

ACL準決勝2nd Leg、上海上港との世紀の一戦。

平日というのに4万4000人を超えるレッズサポーターが駆けつけました。

もちろん僕も。

 

開始早々コーナーキックから1点を先取し、スタジアムはこれならいけるという期待感に満たされました。

その後は、何としても相手にアウエイゴールを決めさせないという意思徹底がなされて上海の150億円軍団を寄せ付けない。

今年はJリーグでもザル守備と叩かれているチームとは思えない試合運びでした。

 

追加点のチャンスも結構あったけど決めきれず1−0のままゲームは進み、ついに試合終了のホイッスル!!

We are redsの歓喜の声が一斉に上がりました。

 

10年ぶりのACL決勝進出が決まりました。

決勝は11月18日&25日、サウジアラビアのアルヒラリとの対戦です。

 

最後にもう1回We are redsを叫びたいな。


芸術の秋週間

いやー、今日は寒い。朝の13℃が最高気温だって。雨だし。

数日前に30℃くらいあってえらく暑かったばかりなのに。

身体がついていかないです。

 

わが浦和レッズは10月14日、神戸とホームで引き分けで依然として7位で、来年のACL出場はほぼなくなりました。

でも今年のACL準決勝第2戦は明後日ホームであるので、今年の集大成にしてほしいです。

 

12日は辻井伸行&ユロフスキー指揮・ロンドンフィル、15日はヨーヨーマ&キャサリン・スコットのコンサートをいずれもサントリーホールで聴きました。

 

まず辻井君。盲目(小眼球症)に生まれて、その後両親や指導者に恵まれクライバーンコンクールで日本人として初めて優勝し一流の演奏家として認められました。盲目で童顔、その生い立ちを胸に秘めて聴きに行くので開演前から独特のワクワク感をもって迎えられてしまいます。全世界的にも公演を成功させてきました。

 

一流の演奏家にはなりましたが、これから超一流を目指すとなると人生経験、思想の成熟などが加わって演奏に深みを持たせることが求められるでしょう。

 

今回は有名なチャイコフスキーピアノ協奏曲1番でしたが、流れるような演奏が妙にこなれた感じがしました。演奏そのものは素晴らしいのだけど、その上に胸に響くものがもう一つでした。スケジュールがタイトすぎてそつなく演奏をこなしていくことが求められすぎてはいないか、と感じました。

 

人気があるということはコンサートの需要もあるということだけど、人気につぶされなければいいな。

 

一方、ロンドンフィルのチャイコフスキー交響曲5番は彼らの得意レパートリーのようで、積み重ねられた円熟味と指揮者の表現性が見事にマッチして感動モノの演奏でした。

 

次いでヨーヨーマ。これは文句なしの演奏でした。ピアニストのキャサリン・スコットとの長年の息の合ったコンビによるプロコフェイフ・チェロソナタハ短長調、ラフマニノフ・チェロソナタト短調といった難曲を彼独特の伸びやかでかつ力強い表現力で聴きごたえ十分。アンコールのアベ・マリアや白鳥では高揚した心を見事に気持ちよくクールダウンしてくれて明日への活力をいただきました。

 

これぞ人間性がアーチストとしての存在感を高めている典型例に思えました。

 

辻井君もヨーヨーマのように成熟してほしいな。


芸術の秋

めっきり秋らしい気候となりました。

冬用布団で寝てます。

これくらいの温度が一番よく眠れます(年中よく寝てるけど)。

 

日本代表強化試合のためJ-リーグは中休み期間です。

そんなに調子のよくない槇野君や遠藤航君が代表召集され続けているのはよくわからない。

得点王断トツの興梠はなぜ選出されないんだろう?

クラブが承諾しないのか、山田暢久みたいに本人がJリーグの試合を優先してあえて辞退しているのか。

 

とにかく18日の上海上港とのACL準決勝2nd Legのホーム戦が今年の大一番です。

 

この1週間はコンサートの予定が2つ入ってます。

辻井伸行&ロンドンフィルとヨーヨーマ&キャサリン・ストット。

 

辻井君はメジャーデビューしてから息子の成長を眺めるような気持ちでよく聴きに行きますが、今回は1年ぶりにどれだけ音楽性が成熟したのかが楽しみです。あまりに忙しすぎるので心が疲弊していないといけど。

 

ヨーヨーマも楽しみです。若いころから著名な演奏家ではありましたが今まさに円熟期。バッハの無伴奏チェロ組曲を彼のとミーシャ・マイスキーとパブロ・カルザスを聞き比べるのが好きなのですが、これまでは僕の軍配はマイスキーでした。この評価を覆してくれる名演奏を聴けたらいいなと思っています。

 

最近ピアニストではダニール・トリフォノフにはまっています。2011年のチャイコフスキーコンテストの優勝者ですが、ショパンの曲で優勝はできないとの伝説を覆した大物です。

若いのでCDはそんなに多くはないのですが、車の中やりリビングでよく聴いています。

 

ヨーロッパで引っ張りだこでなかなか日本に来てくれないのは残念!

 

まさに、芸術の秋・・・同時に食欲の秋。

 


ACL準決勝1st Leg 上海上港とアウェイドロー

昨夜から関東で大雨です。

昨今はどこでも豪雨の危険がありますね。

 

さて、わが浦和レッズは昨夜上海で1−1の引き分けでした。

上海上港は今や荷揚げ高世界一の上海港を運営する中国国営会社が親会社の新興チームです。

ブラジル代表のフッキとオスカルの獲得だけで130億円を出すことのできる金満チーム。

二人だけでレッズの年間総予算の2倍だもんな!

やはり中国経済おそるべしです。

 

先週銀座や京都に行った時も、周りは中国人だらけでした。

 

スポーツはお金だけで勝てるわけではないので、2nd Legのホーム戦にはぜひ勝って決勝進出してほしいな。

 

新卒の医学生の初期研修先のマッチングの人気ランキングが医師用サイトに載っていました。

今年は聖路加国際病院、武蔵野赤十字病院が1,2位でした。

ともに研修指導内容に定評のある一般民間病院で理解できる結果かな。

僕の時も、研修を希望する医学生と各病院との間で試験のようなものはありましたが、今のように倍率が公表されるわけではなかったし、当時は大学病院に半分以上残ることが一般的だったので時代の変化を感じます。

 

首都圏の医学部志望生が入りやすい地方大学に流れて、卒業後Uターンして戻ってくるので東京の人気病院はますます倍率が高くなるでしょう。

 

今だったら僕はどこを希望するかな?

沖縄県立中部病院かな。忙しいの好きだし。

 

 

 


京都で学問

9月というのに近隣の(しかも複数)の小学校ではインフルエンザで学級閉鎖がでています。

やれやれ。

 

わが浦和レッズは監督更迭後もすっきりとしない試合が続いています。

勝ち点から考えると来年ACLの出場権が得られる3位以内は相当厳しくなってきました。

天皇杯も鹿島に敗れたのでのこすは準決勝に勝ち残ったACLのみです。

選手が前の監督仕様の構成なので、堀新監督がやりたいフォーメーションを試みてもうまくはまるわけがないよな。

応援はするけどもどかしい。

足りないのは、湘南に行った山田直輝だよね(笑)。しつこいようだけど・・・

 

9月23日の秋分の日の外来終了後速攻で京都に行きました。

京都大の掛谷教授と新しいプロジェクトについての打ち合わせです。

内容は「掛谷秀昭薬学研究科教授、金井雅史 医学研究科特定准教授らの研究グループは、株式会社セラバイオファーマと共同で、ウコンに含まれるクルクミンの生体内代謝物に着目することで、安全性の高い水溶性プロドラッグ型クルクミン(CMG)の開発に成功しました。本薬剤は顕著な抗がん活性を持ちます。飲み薬としては吸収されづらいというクルクミン原末の問題点を克服した成果です。今後抗がん剤などとしての実用化が期待されます(本研究成果は、2017年9月1日日本薬学会誌「Biological and Pharmaceutical Bulletin」にオンライン掲載)」、というものです。

 

掛谷先生とはボストン留学時代の盟友です。

僕はハーバード、彼はMIT(マサチューセッツ工科大学)でしたがなぜか馬が合い、家族ぐるみで一番仲良くしていただき現在まで交流が続いています。

奥さんやこども同士も仲良しだし。

 

若くして京都大教授になられた後も着々と研究・教育成果を挙げられており今回の研究でさらに大きく飛躍されることが期待されます。

 

僕は一般開業医となり第一線の研究からは遠ざかってしまいましたが、彼とは交流を継続し微力ながら研究のお手伝いもしています。

 

とうことで弾丸ツアーでしたが楽しい京都でした。


ACL,奇跡の大逆転で準決勝進出!

いや〜、久しぶりにしびれる試合でした。

ACL準々決勝、川崎フロンターレ戦。

第1レグのアウェイは1−3のボロ負けで第2レグのホームは2−0または4−1で勝たないとダメな状況。

いい流れのなか前半に先に失点してしまい、これで終わったかなと思っていました。

あきらめずに応援していたらその後相手の退場もあり4点取っての大逆転勝ち。

 

中東(サウジアラビア)の審判は怖い。

普通ならイエローカード程度の反則で一発レッドが出たからね。

運命の神様は昨日はレッズに肩入れしていたようです。

 

終了間際の高木君のブニョーンゴールなんて、センタリングがナイスゴールになってしまうんだもんな。

埼スタは歓喜の嵐でした。

 

年取るの涙腺が脆くなり、思わず涙ぐんでしまいました。

 

勝利の後は思いっきりWe are diamondsを歌って帰ってきました。

久々に歌ったな。

 

あんまり興奮しすぎて夜眠れなくなったけど・・・

 


早くもインフルエンザ流行

夏休みも終わり(一部大学生を除く)、天候は早くも秋モードです。

今のところ残暑もきつくないし。

 

はやくもインフルエンザA型が流行しています。今日までのところおひさま、ひまわり、太陽の子保育園などから患者さんが複数出ています。なんでまた?7月まで結構インフルの患者さんいたのに・・・

 

インフルエンザも通年性になってきたのかな?

 

わが浦和レッズは今年は去年優勝したルヴァンカップはベスト8で終了でした。普段出てない若手選手を見れたことはよかったかな?

監督が代わると選手起用法も明らかに変わるものですね。週末はJ1柏戦です。この後頑張って何とかACL圏内まで順位上げてほしいな。


夏休みに感じる人生

わが浦和レッズ、関根君が突然のドイツ移籍!

びっくりしました。

いずれは行くものと思っていたけれど、まさかシーズン半ばでしかもチームがどん底の状態の時に・・・

 

監督が代わっての初戦は埼玉ダービーで引き分けの結果でした。

前監督の志向する特殊なシステムのサッカーを実現ずるために集めたメンバーだけに監督が代わってもそうたやすくは作戦を変更できないところに今回の監督交代後の問題がありますね。

 

夏休みです。

子どものころはとにかく暇だった。

なにせ、学校ない、塾もない、お稽古事もない、宿題は初めの1週間で終わらせるので本当に有り余る時間に囲まれていました。

裏山の木に登り、セミやリスや雉や時には青大将(蛇です)と一緒に大空を眺めながらいろいろなことを考えていました。

 

ご存知のように、僕は病弱でした。

風邪やなんかで毎年数十日は必ず休んでいたし、小学校3年時には肺炎で2週間入院したりもしました。

漠然とながら「自分は長生きできないな。たぶん50歳くらいが寿命かな」と感じていました。

遠い将来ながら、死というものを必ず来る未来として捉えていました。

死に対する恐怖はありましたね。

一番大きい恐怖は、世の中に対して何も貢献しないままいなくなることに対してだった気がします。

2番目は、痛みや苦しみに対してです。

 

予想を超えて56歳になった今は、現実として残されている時間の方が短いはずなのに死に対する恐怖はありません。

自分で思ってた程度には世の中に貢献できたと思うような充実した人生を送ってきたし、毎日完全燃焼して終わっているのでいつお迎えが来ても平気です。

残された家族や職場、患者の皆さんに迷惑かけると思うのですぐには死なないつもりですが、不思議と怖くはありません。

 

利子をためているという気分で日々過ごしています。

これまで通り仕事して、おいしいものも食べて、休みには旅行して、たくさん本読んで、レッズの試合観て・・・

 

孫の顔が見れて、引退して長期の旅行がおまけとしてついてくれば最高ですね。


<< | 2/54PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM