戸田の杜クリニック 院長&スタッフブログ

乳児のインフルエンザワクチン接種について

師走です。年々1年が早く感じるのは年配の方々が等しく感じるところでしょう。それだけ新しい経験(=時間を長く感じさせる重要な因子)が少なくなっていることなのでしょう。

とはいえ暖冬で、今一つクリスマス気分になり切れない天候です。

さて、1歳未満の乳児のインフルエンザのワクチン接種効果は、有効性が確認されず両親への接種を行うことのほうが予防効果が高いとされていたため、これまでは接種はお勧めしていませんでした。

最新のアメリカ疾病予防センター(CDC:Center for Disease Control and Prevention)によると2018-2019シーズンについては6か月以上の乳児は合併疾患で禁忌がなければ接種することの有益性が高いとの勧告が報告されました(Recommendations and Reports,2018/67(3)1-20。
当院ではこの勧告に従い6か月以上のお子さんに対して今後はインフルエンザワクチンの接種をお勧めすることとしました。

学問の領域は常にUp dateしておかないと時代に置いて行かれますね。