戸田の杜クリニック 院長&スタッフブログ

抗インフルエンザ薬

寒くなった途端に戸田ではインフルエンザが流行しだしました。早くも戸田第一小の5年では学級閉鎖になったというし。

抗インフルエンザ薬は現在、発売順にタミフル(5日間内服)、リレンザ(5日間吸入)、イナビル(1回吸入)、ゾフルーザ(1回内服)の4種類が使用可能となっています。
前の3者はインフルエンザが細胞内で増殖した後細胞外に飛び出すところでブロックしてウィルスの増殖を食い止めます。
今年発売されたゾフルーザは細胞内でウィルスが増殖するのをブロックする機序でこれまでとは少し違った薬です。

効果はそれもほとんど差がないとされています。
ただし1回投与と5日間投与の煩雑さの差は体調が極めて不良なインフルエンザの投薬としては大きいと考えています。

当院ではこれまで吸入可能な状態の方は院内で看護師・薬剤師の指導の下イナビル1回投与を第一選択としてきました。身体が小さく十分に吸えないお子さんや、咳が酷く吸入困難な方ではタミフルを処方しています。

新発売されたゾフルーザは1回内服で他剤と同様の効果が得られ有用なお薬のようでマスコミにはいい点ばかりが強調されて報道されています。一方で耐性ウィルスがすでに5~10%に出現しているという報告があります。耐性出現頻度はこれまでの薬剤に比べはるかに高率です。

また副反応についてもまだ市販後の観察期間が短いため十分に解明されていません。

このような背景から当院では当分昨年と同様の方針でインフルエンザ治療を行っていく方針です。

今後の流行状況でタミフルやイナビルの耐性株が多くなるような場合はゾフルーザに変更することもあります。

何はともあれ予防第一ですよ。