戸田の杜クリニック 院長&スタッフブログ

腸管免疫について

腸内には1000種類以上、何兆個もの細菌が棲んでいます。このことは前にミクロバイオームのところで書きました。

腸内細菌は腸内環境から離されると生きていけないためうまく培養できず、これまで研究が困難な分野でした。近年の遺伝子解析の技術の発展でかなり解明されつつありますが不明な点がまだまだ多いのです。

腸内細菌には人が分解できない植物繊維の消化、ある種のビタミン(ビタミンKなど)の産生などの働きがあります。

では、なぜ常在菌は病原体と認識されないのか。

腸管には体の免疫細胞の50%以上が存在します。食べ物と一緒に常に病原体は侵入する危険があるので当然といえば当然ですね。

小腸には内面を覆う絨毛というひだひだがあります。絨毛には豊富な毛細血管やリンパ管が分布し栄養分(糖分、アミノ酸、脂肪分、電解質など)の吸収をしています。さらに絨毛にはT細胞、B細胞、マスト細胞、樹状細胞、マクロファージなどの各種免疫細胞が豊富に存在します。小腸の一部絨毛のない部分にはパイエル版というリンパ組織があり身体の他部位のリンパ節のような抗原をT・Bリンパ球に提示させる働きをしています。腸管で働くグロブリンは主にIgAという通常のIgGをお尻の部分でくっつけたような二量体がになっています。腸管でキャッチした抗原に対するこのIgAを産生するプラズマ細胞がのどや気道、生殖器などの粘膜に分布して侵入する抗原を水際でブロックすることになります。

IgAによる抗原退治はIgGとは異なり他の免疫細胞を呼んで炎症を活性化することがないので静かに病原体は退治されます。

細菌を認識するための宿主細胞表面にあるTLR(トール様受容器)という感知機構が腸管表面には露出しておらず、細胞の奥側に配置されています。これにより腸内に生息しているだけの腸内細菌は通常認識されず、粘膜細胞が壊れて内部に侵入した場合のみに異物として認識されます。腸内細菌の方でも鞭毛を体内に引っ込めたり、細胞壁構造を免疫細胞に認識されにくくなるようなものが多く生き残っているようです。

小腸に食物がたどり着いた時、タンパク質が消化酵素でアミノ酸まで分解されていれば抗原とは認識されません。分解が不十分でタンパクのまま小腸に来るとそのままでは異物(=抗原)として認識され免疫反応により炎症が起き除去されてしまいます。これではちょっと消化が悪いたびに腸内に激しい炎症が起きてしまいます。腸管免疫の特徴としてこのように食物由来のたんぱくが繰り返し提示された場合免疫寛容という免疫反応がストップする働きがあります。

T細胞の中で免疫反応を抑制的に作用する制御型T細胞が腸管内では体内の他の部分の3倍の比率で存在することが免疫寛容に関係しているらしい。制御型T細胞は食物繊維を腸内細菌が分解するときに副次的に産生される分子や乳酸菌などの有益腸内細菌を促すサプリメントにより産生が促されます。制御型T細胞が少ないと免疫の暴走が起きやすくなるのでアレルギーや潰瘍性大腸炎などの自己免疫性疾患が誘発されやすくなります。食物繊維や発酵食品を摂ることは便秘解消だけでなくこのような有益なこともあるのです。

逆に抗菌剤の使用はマイクロバイオームをかく乱し制御型T細胞を減らし、自己免疫性疾患が起こりやすい状況を作り出します。

腸内細菌についての研究はまだまだ端緒についたばかりです。