戸田の杜クリニック 院長&スタッフブログ

東日本大震災から8年

東日本大震災から8年が経ちました。

あの冷たく雪の舞い落ちる日とは違うものの、昨夜から発達した低気圧が見事に東北太平洋側を通過し震災関連行事にかなり影響が出ているようです。

未だ行方不明者が2500人余、避難生活が5万8000人もいる現実!。

安倍首相がオリンピック誘致の時にスピーチで言ったフクシマは100%制御されているという虚言の傍らで、夥しい量の処理方法が全く袋小路に陥っている放射線汚染地下水が溜まり続けています。

そうして手に入れた復興五輪という名のもとのあと1年半と迫った好況のオリンピック関連建設が被災地を置き去りにしたままどんどん工事が進んでいきます。工事に人手や予算が必要な分東北の復興がより遅れるとの想像力が働かないのでしょうか。

それとも確信犯?

渋谷駅の大改修や国立競技場の建て替え、地下鉄電車のリニューアル、東京のタクシーのミニバン化なんか東北の復興とどういった関係があるんだろう?

為政者が誰の方を向いているのかがこの現実がはっきりと物語っています。

物静かで我慢強い東北の人が反旗を翻さないでいられるのはいつまで続くのだろう。

必ず来るだろうといわれている南海トラフ巨大地震でも同じことが繰り返されなければいいけど。

何はともあれ合掌。