戸田の杜クリニック 院長&スタッフブログ

ひらめき・直感型と熟慮・内省型

監督交代後のわが浦和レッズの新たな船出はどうか? 今日の川崎との一戦、注目です。山田直輝はベンチ入りできるのか?

イエール大の経済学教授、フレデリック先生の考案した認知反射テストという簡単な問題があります。

①バットとボールで合計1ドル10セントです。バットはボールより1ドル高いです。ボールの値段はいくらですか?

②湖面にスイレンの葉が並んでいます。葉の面積は毎日2倍になります。48日で湖面全体がスイレンの葉で覆われるとすると湖の半分まで覆われるまでには何日かかりますか?

③5台の機械を5分間動かすと製品が5つできます。100台の機械で100個の製品を作るには何分かかりますか。

さてどうでしょう?

①10セント

②24日

③100分

と答えたらあなたはひらめき・直感型です。

正解は

①5セント

②47日

③5分です。

3門とも正解したら熟慮・内省型の性格ということになります。全問正解率はMIT(マサチューセッツ工科大学)学生で48%、プリンストン大で26%ということですので全問正解できなくても悲観しないでくださいね。

熟慮内省型の人は答える前にじっくり考え、ひらめき・直感型の人は思いついたことをそのまま口に出し、引っ掛かりやすい落とし穴にはまりやすい傾向にあります。

広告でも直感型の人は製品の説明が少ない方を好み、熟慮型では詳しく説明のある製品を好む傾向があるようです。直感型の人は物事を分かったつもりになりやすいともいわれており、実際説明してもらうと理解度が低いことが多いようです。

自分が何を分かっていないかを分かっていないと、さまざまな錯覚に陥る危険があります。

何が分かっていないかをちゃんとわかることが大人であり、リテラシーが高いといいます。