戸田の杜クリニック 院長&スタッフブログ

開院10周年!

本格的な梅雨空が続きます。

暑さと湿気が嫌いなはずのCOVID-19ですが、小康状態の感染蔓延状況が続きます。

そんな中戸田の杜クリニックは7月1日開院10周年を迎えました。長いようでもあっという間の10年ですね。2万人を超える患者さんとの出会いがあったことはうれしい驚きです。

僕の中での最大の出来事は東日本大震災でした。故郷の石巻が大変なことになり、一時は親の安否すら不明だったことや、引き続く福島第一原発メルトダウンがその後の日本の在り方を大きく変えるきっかけになったこと、それでも日本社会の為政者・会社経営者の無責任体質は是正できなかったことなど思いはたくさん残ります。

10年たつと身体も大分あちこちが痛んできて、持病のぎっくり腰はたびたび起こったし、ここ2年は両手指の痛みがかなり生活の質を下げるようになりました。握力などは以前の半分になっています。幸いなことに寝込むような病気にはかからずに済み、10年間病気による休診は一度もありませんでした。

当初の目論見では10年頑張ったらほぼ還暦間近だし、少し自由時間を増やしてのんびりしようかなと思っていましたが、このコロナ禍で来院患者数、売り上げとも大きく減少し再び借金生活に舞い戻ってしまい悠々自適な生活は当分延期になりました。

神様がもっと精進しろと言っているのでしょう。

職員も大きく入れ替わりました。チャーターメンバーは医事課長の田沼さんだけです。高度な医療と迅速な対応、洗練されたホスピタリティーの維持はメンバーが変わっても綿々と受け継がれてはいるようですが、慢心することなく更なる上を目指していこうと思います。

次の10年もよろしくお願いします。