戸田の杜クリニック 院長&スタッフブログ

浦和レッズの低迷

エアコンのいらない気候は過ごしやすいですね。車をオープンにして通勤できるのはあと少しかな?

サッカーJ1は川崎フロンターレが独走態勢にはいって久しく、このままぶっちぎりで優勝しそうな感じです。だって強いもの! 見ていて楽しいし。

我が浦和レッズは9位と依然として低迷しています。勝ったり負けたりはしょうがないとしてこちらは見ていて楽しくないサッカーです。新型コロナの影響でシーズンチケットは返却したし、新たに券を購入しスタジアムへ行っても声を出しての応援禁止では全然盛り上がらないので、まだ1回も参戦していません。

先日、レッズの土田スポーツダイレクター(現場での最高責任者)と飲む機会があり、彼の構想を交えて議論を戦わせました。3年計画でチームを作り直すこと、ゴールを奪うための守備を徹底させる作戦方針であること、などなど。ハイプレスをかけショートカウンターで効率よくゴールを目指すことのようです。

3年計画でしかも今年は降格がないので思い切った変革ができるはずなのに、なぜかACL圏内の3位も同時に目指すと言ってしまったものだから、若手起用が全然できていない。相も変わらずの30歳代を中心としたメンバー構成しかできていないですね。現場を預かる監督は3位以内の目標を言われたら首がかかるので思い切った選手起用や作戦変更はできないので気の毒です。大槻監督は僕と同じ宮城県出身で筑波大卒だから応援してはいるんだけど、攻撃面での創造性に欠けるような気がしています。

次に土田さんと会ったらこの点をもう1回突っ込んで話そうと思っています。偉そうに言っても一介のおやじファンのたわごとだけどね。

僕の今年のユニフォームは(いつも若手期待です)、13番伊藤涼太郎君なんだけど、まだ2試合だけ最後の方にちょっと顔出しただけだもんな。

浦和に住んでいる限りレッズは応援し続けるので期待と注文も言い続けるぞ!