戸田の杜クリニック 院長&スタッフブログ

新型コロナワクチン接種始まる

2回目の緊急事態宣言も1か月が過ぎ、新規患者減少の効果は出ているものの医療現場のひっ迫度が緩和されていないため宣言解除は延期されています。

夜間の飲み屋街以外、街は結構人であふれかえっており、不要不急の外出ってこんなに多いのかなと疑問に思っていましたが、実際患者減少の効果があるのを見るとこの程度の自粛でいいんだ、と妙な感想を持ってしまいます。

この冬は、風邪ひきさんとインフルエンザが圧倒的に少ない! インフルエンザに至っては当院ではいまだにゼロです。毎年1000人くらいの陽性患者さんがいたのに。三密解除とうがいマスク手洗いの励行はそっちのほうに効果が絶大だったわけです。

一般開業医にとって、冬の風邪ひきとインフルエンザの流行は夏期期間の赤字を相殺するための重要な収入源であっただけに経営面からいうとこの状況はすごく厳しいです。

新型コロナウィルスのワクチン接種がいよいよ始まりました。まず国立の医療機関から1万人摂種し臨床データを蓄積していくようです。人種特有の副反応というものもあるのでしっかりとした経過観察がなされると思います。僕たち一般医療機関はその後の接種になります。

当院でも接種は行う予定ですが、接種場所は原則として住民票のある市町村単位となっているので、当院かかりつけでも打てない場合があります。完全予約方式なので、市町村役場から手紙が来てから自分で予約を取って受けに行くことになります。基本はコンピューターシステムでの予約なのですが、高齢者はシステムについていけない可能性が高いので電話予約になります。電話がパンクしてしまうことが懸念されます。

当院受診時に通知カードを持ってきて予約を取ることもできますので窓口でご相談ください。