戸田の杜クリニック 院長&スタッフブログ

クリニックのBGM

皆さんご存知のように、戸田の杜クリニックでは常に音楽が鳴っています。

開院から10年間は僕が持っている好みの曲をクラッシック中心に流していました。年末のホリデーシーズンはクリスマス関連の曲にしてクラシック、ジャズ、日本の曲を問わずかけます。

最近は趣向を変えてメディアも利用していろいろなパターンで流しています。

大原則は月曜・バッハ、火曜・ベートーベン、水曜・モーツァルト、木曜・祝日午前・ジャズ、金曜・ピアノ曲、土曜・クラシック全般という感じです。

僕の休みの日の寛ぎは音楽と読書なのですがクリニックでもBGMにより癒されています。

作曲家に限って言えばドビュッシーが一番好きです。亡き母も好きだったので図らずも影響を受けたのかもしれません。楽器ではピアノ曲とチェロ曲に惹かれます。

登場回数は少ないもののジャズはモダンジャズ全盛期の60~70年代のものがいいですね。特にビル・エバンスやマイルス・デイヴィス、ケニー・ドリューなんかが好きです。そのあとの時代ではキース・ジャレットとウェザーリポートですね。

通勤時は(この時期は車をオープンにして)ヒップ・ホップをよく聴いています。いい年をした親父が大音量でエミネムなんか流しているとたまに変な顔されますけど。

眠るときも必ず音楽をかけながら明かりを落とします。

ほとんど一日中音楽と接していますね。