戸田の杜クリニック 院長&スタッフブログ

COVID-19第5波の終焉

COVID-19の第5波の流行が急激に減少しています。東京では1日の新規患者数が11か月ぶりに二けたとなったし、戸田・蕨市では昨日はゼロでした。なぜ減ったのかは国民の2回目ワクチン接種率が60%を超えたこと以外には、菅内閣が総辞職したことくらいしか要素はなさそうです(笑)。

感染が制御され、社会活動の制限もかなり緩和されたことは嬉しく、時間制限はあるものの久々に家族と焼き肉屋に繰り出してビールを楽しみました。久々の生ビールのおいしかったこと!

来る冬にインフルエンザとのダブル流行が懸念されることは去年と同じですが、幸いにして昨冬はインフルエンザが全く流行らなかった。国民としての免疫がなくなっているため今年はそのリバウンドでの流行が予想されています。インフルとCOVID-19がダブル流行すると医療現場がしっちゃかめっちゃかに混乱することは明らかですので、そうならないことを祈るばかりです

インフルワクチン接種は一般の方は10月1日から、市から補助の出る高齢者は20日から始まります。なぜかワクチン供給量は昨年の80%に減っており、ゆっくり待っているとワクチンがなくなってしまう恐れがあります。なるべくお早めに受けてくださいね。