戸田の杜クリニック 院長&スタッフブログ

舌圧子

大内です。

僕は診察時めったに舌圧子を使いません。
成人するまできわめて病弱であった僕は、風邪で年に何回、何十回となく通院しました。そのたびに、例の喉を見るときの舌圧子で、おえっとなる嘔吐反射で苦しみました。
おえっは成人した今でも結構強く、口から胃カメラは絶対飲めません。
なんで儀式のように舌圧子を使って診察するんだろう?
あれがなかったら、病院も結構楽しいのに・・・
と毎度思ったものでした。
僕なりにたくさんの診察する中で、多くの場合は喉の奥まで診れる方法を見出しました。
なかには、あれを使わないと絶対に見えない人がいるので、その時だけ使うようにしています。
他人と違うことを堂々とすることは結構勇気がいるけど・・・