戸田の杜クリニック 院長&スタッフブログ

いろんな別れ

事務の内田です。
 
今月に入って登場の頻度が高いですねf^_^;
 
今年の3月は沢山の節目があり、一つづつが大きな出来事でした。
自分への備忘録としてもブログに書かせて下さい(^.^)
 
3月に入り、次男の卒園式と長男のサッカー団卒団式が無事終わりました。
 
そしてその2つの別れと別れの間の時期には、私の大好きな祖母が天国へ旅立つ別れもありました。
 
祖母は享年104歳の大往生!でした。
 
最後まで強い生命力を見せてくれたばあちゃん。
お別れした後は、小さな事で挫けずに頑張らなきゃ!とパワーをもらった気になりました。
 
そして、最後の別れの行事は昨日。
長男の小学校卒業式。
 
泣き虫な私は、もうどれだけ泣いても良いように初めからハンカチを握りしめておりましたが……。
卒業式は、私の想像していたものよりずっと素晴らしく、涙を浮かべる暇が無い程でした。
 
子供達の真っ直ぐに前を見つめて入場するその素敵な晴れ姿。
証書授与の時の、立派な立ち振る舞い。
別れの言葉。別れの歌。
 
余りの厳かな空気に呑まれ、鳥肌が立ちました。
 
我が子達は低学年の頃から合唱が上手だと評判の学年。
毎年の音楽会でもいつも素敵な歌を聴かせてくれ、涙ボロボロでしたが、昨日はもう、格別!
子供らしい、澄んだ歌声に心がぐいぐい揺さぶられ、思わず(ビデオ撮りながら(ー ー;))目をつぶり呼吸を整えてその歌声に聴き入ってしまった程です。
 
そういえば、前にこの子達が運動会でソーラン節を踊った時にも同じ感情になったことを思い出します。
 
涙がここまでこみ上げるほど感動しているのに、それよりも余りの気迫と完成度の高さに圧倒され、親は誰もが笑顔。
無我夢中で拍手をし続けました。
 
「真面目な学年」
 
この6年、サッカー団や他でもよく言われた言葉。
 
もしかしたら、もうすぐ反抗期を迎え、直向きに頑張る事がカッコ悪い。と言い始めるのかな。
 
でもね。
君たちの真っ直ぐなやる気は本当にカッコ良かったよ。
ありがとね。
 
いろんな別れ。
でも、どれも決して後ろ向きでない別れ。
超大往生ばぁちゃんだって、天国で大満足なはず。
 
忙しい3月でしたが、未来は明るい!ぞ!