戸田の杜クリニック 院長&スタッフブログ

寂しいけれど 退職します

事務の内田です。

私、この度、毎日楽しく過ごしてきた戸田の杜を7月末日で退職致します。

開院してから5年間。
院長と、仲間と、そして患者さんと、とても充実した日々を過ごさせて頂きました。

オープニングスタッフ最終選考で合格したのは5年前の5月。
選考会後に、院長や新しい仲間達とクリニックを見学したのを今でも覚えています。
先生も覚えてますか?!

その時はまだクリニックは建設途中。
コンクリート剥き出しのただの灰色の空間でした。
「ココが診察室だ」
「ココが僕の部屋かな?」
設計図と睨めっこしながら案内してくれた院長がとても嬉しそうで、採用決定の直後だった私達も気分はウキウキで、妙に盛り上がった思い出があります。

その後、内装が完成し、スタッフ研修が始まり、機器の搬入も進み。

ユニフォームが完成し、真新しい白衣に袖を通して臨んだ内覧会は予想以上の盛況で大忙しでした。

迎えた開院初日はドキドキしっ放しで。

皆んなで今の環境を作り上げてきました。
時には院長と頭を寄せて考えたりもしました。
こんな経験、二度と出来ないなぁ。
毎回、そう思いながら過ごしていた5年間。
携われてとても光栄でした。

院長の大らかな性格に甘え、仲間もいつも笑顔で見守ってくれていたお陰で、私は自分の思い通り、私のスタイルをこれでもかっていう程に貫いて、沢山の患者さんと楽しく接してくる事が出来ました。
声が大きく、見た目もあんまり柔らかでない私は、もしかしたらご迷惑をお掛けしていたかも知れません。
それでも、私という人間なりに戸田の杜の一員として、愛社精神ならぬ愛院精神を大きく背負って過ごしてきたつもりです。

戸田の杜クリニック。
有難うございました。
本当に本当に感謝の気持ちで一杯です。

この白衣を着るのも残すところあと僅か。

寂しいけれど、5年間の経験を財産としてこれからも頑張っていきたいと思います。

出逢えた沢山の患者さん。
いつも笑顔で話しかけてくださり、ありがとうございました。
名前を覚えてくださり、声を掛けて下さり、有難うございました。

院長。
いつも笑顔で「ねえウッチィ」って呼んでくれて有難うございました。
一緒にコーヒー飲みながら、いつも私の話をゲラゲラ笑って聞いてくれて有難うございました。

みなさん、素敵な5年間を有難うございました。

注)今月はまだ居ますので(笑)

医療事務課 内田百合子