戸田の杜クリニック 院長&スタッフブログ

MOLST; COVID-19の時代に

モルストという言葉があります。 MOLST(Medical Orders for Life-sustaining Treatment)。これは尊厳死の権利を主張して延命処置の打ち切りや緊急時の非処置を希望することです。 日本ではリビングウィルという言葉で知られていることが多い概念ですね。 自分が急変して危篤状態になったとき、生存する見込みや元気に回復する見込みが極めて少ない時の人工呼吸器管理などの

続きを読む

2021年の七草がゆ

とうとう2回目の緊急事態宣言が明日から発令されます。1都3県限定という区域限局や学校や映画館などの除外という1回目より制限範囲は狭い内容ですがこの爆発的感染拡大の中でこの程度の制限でいいのかどうか? 1月7日朝の段階で昨日の全国での新規陽性者が一気に6000人を超えました。1万人に届くのもそう遠くない気がします。各病院でもう入れるところがなくなってきており危機的状況でしょう。 戸田市ではこの地域の

続きを読む

あけましておめでとうございます

毎年家族で初日の出詣でをするのですが、今年は最寄りの南浦和陸橋で氷点下の気温の中行ってきました。 お日様に、世界の平和と繁栄を祈念してきました。 仕事始めは4日です、1年間宜しくお願いします。

続きを読む

2020年を振り返り、COV-19 に翻弄された1年でした。

COV-19 に振り回された激動の2020年が終わろうとしています。 東京オリンピック・パラリンピックを迎え、関連した設備投資や世界中からのインバウンドがもたらす好景気を目論んでいた経済・産業界は大打撃を受けました。 大打撃は当然のことながら医療界にも及びました。 当初は新型コロナウィルスの性質がよくわかっていないうちに感染が一気に世界中に広がり、日本でも著名人が少なからず罹患したり、逝去したりし

続きを読む

11月1日からの新型コロナウィルス(COV-19 )感染疑いのある方の診療について

当院は循環器疾患や呼吸器疾患、糖尿病、高齢者など多くのハイリスク患者さんがかかりつけとして通院されています。これまでは可能な限り空間的隔離で院内感染防止に努めてきましたが、この冬は多くのCOV-19 感染疑いの方が来院される可能性があります。 時間的隔離も必要と考え11月1日からCOV-19 感染疑いの方の診療は午前11時~12時に限定して行います。PCR検査は従来通り医師会診療所に委託して行いま

続きを読む

1年ぶりの辻井伸行さんコンサート

コロナ禍の時代になって以来芸術活動にはすっかり行けなくなってしまいました。 そんな中、十分な感染対策をしたうえでの久々のコンサートに紀尾井ホールに行ってきました。 いつも応援している辻井伸行さんのソロコンサートです。今年はソロのドビュッシーのプログラムとペトレンコフ指揮リバプール交響楽団とのラフマニノフピアノ協奏曲3番の二つのコンサートに行く予定だったのですが中止となりました。 今回は、withコ

続きを読む

浦和レッズの低迷

エアコンのいらない気候は過ごしやすいですね。車をオープンにして通勤できるのはあと少しかな? サッカーJ1は川崎フロンターレが独走態勢にはいって久しく、このままぶっちぎりで優勝しそうな感じです。だって強いもの! 見ていて楽しいし。 我が浦和レッズは9位と依然として低迷しています。勝ったり負けたりはしょうがないとしてこちらは見ていて楽しくないサッカーです。新型コロナの影響でシーズンチケットは返却したし

続きを読む

何度目かの「北の国から」

ケーブルTVで「北の国から」を視ています。もう何度目になるのかわかりませんが・・・ 番組が始まったころの純君、ほたるちゃんが小さかった当時、僕は大学生でド田舎から出てきた僕があえてド田舎で苦労する黒板家の苦労話を見ることはないな、と思い敬遠していました。 僕は一流の心臓血管外科医になることをめざし、卒後国立循環器病センターや筑波メディカルセンター病院、神奈川県立こども医療センターなどの名だたる病院

続きを読む

安倍首相の退陣声明にあたって

安倍政権が歴代最長記録を更新してほどなく終焉を迎えようとしています。 またもや潰瘍性大腸炎の悪化との由。7月末から以上に顔色が悪かったですからね。巷の噂では手術を要する悪性のものの可能性も言われています。父である安倍晋太郎さんが今の彼と同年代で総理を目前にして膵臓がんで倒れたこともあり、がんには相当神経を使っているようです。養生してまた元気になってほしいですね。 さて7年余にわたる政権には検証が必

続きを読む

お盆休み

お盆休みを1週間しっかりと取らせていただきました。 ここ数か月コロナ禍で心身(特に心)ともに疲弊していたのでいい休養になりました。 医療現場の仕事そのものは、受診控えで来院数が30%減ったので診療に費やす体力的には全然平気だったのですが、患者さんが来ないというストレスは大変なものでした。 そのうえ、一人コロナ疑いの方が来院すると他の方との導線を分けるためさらに患者数を減らさないといけなくなるし、そ

続きを読む